結局Uber Eats(ウーバーイーツ)は宅配ピザのデリバリーより儲かるのか!?

Uber Eats(ウーバーイーツ)を利用して副収入を効率的に稼ぐことが本当にできるのか。

食事の宅配という意味では、Uber Eatsも宅配ピザのデリバリーもやっていることは同じなので、
この2つを比べUber Eatsがどんなモノか、主に金銭的な部分を解説していきます。

Uber Eatsとは

まずUber Eatsについて簡単に説明すると、

2016年9月29日に日本に上陸
会員登録して好きな時間に好きなだけ、自分のペースで働けるフードデリバリーサービス。

働き始めるまでの流れ

1)
Webで登録したらUberEatsの営業センターへ行き、ここで車両登録(配達に使う自転車、原付バイク、軽貨物車両)
及び振り込み講座などの事務手続きを行う。

2)
配達用のバッグを受け取る(8000円のデポジットが取られるが返却すれば返金される)

配達の依頼を受ける方法

Uberが提供するUber Driverアプリ(Android、iOS版が用意されている。)を使用する。
システムが起動している間は自動的に配達依頼が共有され、システムを止めれば仕事が来ないので自由に休憩を取れる。

仕事が入ったら依頼のあった店舗に取りに行って、指定先に届ける流れとなります。
※10分ほどで配達が終わるように配達員が選ばれる仕組みになっているそうです。

宅配ピザのデリバリーについて

こちらは通常のアルバイトなので、当然採用までの流れが違いますし、
配達には専用の原付バイクを使用します。
※北海道など雪の多い地域では車両も使います。
また、ピザを運ぶだけでなく、チラシのポスティングも仕事になります。

 

それでは結局、どっちをやった方が稼げるのでしょうか。

Uber Eatsの場合

基本給の計算式
受け取り料金(300円)+受け渡し料金(170円)+距離料金(150円×km)-手数料(35%)

ボーナス
ブースト: 注文の多い時間帯に配達報酬が上がるシステム
※休日は平日よりもブースト倍率が高い。調べた感じ
ブースト率は1.1~2.2まで幅広い

「ブースト倍率やエリア区分は定期的に見直されます。」とHP上にあることから
地域によってもかなり差があるようです。

特別キャンペーン(インセンティブ)

アプリ画面上では「プロモーション」や「クエスト」と表示され
不定期に発生します。
特定の「時間」、「場所(現在地・店舗・配達先)」の条件があったり、
配達件数の達成条件があったりする。

その他にも新規登録で

「期間内に配達1回達成で5,000円」「配達回数に応じて最大35,000円保証」
などのキャンペーンなんかもある。

これらを総合すると、
何もキャンペーンやブーストがない時は、1件の配達で600円程度、
ここにブーストとかキャンペーンを絡めて報酬を伸ばす。

稼ぐ人では1日で3万程度まで伸ばせるようだが、初心者は6時間で6~9千円といったところでしょうか。

宅配ピザの場合

地域によって基本給は異なりますが、
大体時給は(1000~1250円)といったところです。
ひと昔前は注文がない場合、デリバリースタッフは強制的に休憩にさせられたり、
忙しくないから。という理由でシフトをキャンセルされたり。ということが横行したブラックな職場でしたが、
今では随分勤怠管理についてはうるさくなってきたので、そのようなことは減ってきたと思います。
また、シフトについては、週1日~OKや、繁忙時間の数時間だけの勤務も多くなり、
副業としてやっている人も私の周りにはいました。

そしてココが重要なのですが、
宅配ピザは、ピザーラでもドミノピザでも労使関係があり、所得税(勤務時間によっては保険料)が引かれ、
12月には年末調整もやってくれます。
退職しても、源泉徴収票を受け取ったりできます。
一方UberEatsの場合、働き手とUberEatsの間で労使関係はないため、
配達ドライバーは個人事業主として確定申告を行い、
この配達報酬から所得税を年度末に支払わなければなりません
それだけでなく、配送中に事故があっても労災なんかないですね。
この辺りはしっかり頭に入れておいた方が良いでしょう。

 

配達について

UberEats

既にUberEatsの配達については説明している通りです。
専用アプリをスマホにDLし、自分の登録した車両を使って、10分程度で配達できる圏内で仕事がくる。

 

宅配ピザ

配達手段:その業態専用車両
配達場所の確認方法:受けた注文伝票を元に、店内に貼ってあるエリアマップを見て場所を確認する
配達距離:地域によって異なるが、距離ではなく世帯数に応じてエリアが仕切られているので、
都心では2、3k程度のエリアが多いのに対し、地方だと5kとか普通にあります。
そもそもUberEatsは地方にはサービスがないので、比較対象にはならないが。

 

<結論>

UberEatsは上手く利用できる環境にある人なら、それなりに有用性がある。
ちょっとした空き時間に小銭を稼ぎたいと思った時、家の自転車や原付で
「ひと狩り行こうぜ!」の感覚で仕事ができるので、出勤時間もなく効率的だ。

ただ、完全に自己責任で行う特性上、研修もなければ保険もなく、
それなりに稼いだら(年20万以上?)確定申告はやらないと後々追徴課税なんてことにもなりかねない。

その辺りを考慮して上手く利用するなら、とりあえず登録しておくのはマイナスにはならないだろう。
このサービスはまだ入ってきて日が浅いので、報酬面は今後も度々見直されていくと思われるので、
興味のある方は美味しいタイミングを見計らって利用していくと良いだろう

UberEatsの登録はコチラ↓

Start the discussion

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です