「ネットの罠体験ショップ」が話題になり過ぎてサーバーがアクセス過多になっている件

「ネットの罠(わな)体験ショップ」

http://shishohi.main.jp/

滋賀県県消費生活センター(彦根市)は、消費者トラブルが増えているインターネットショッピングを疑似体験できるサイト「ネットの罠(わな)体験ショップ」を制作した。ゲーム感覚で広告を正しく見る目を養うことができる。
スマートフォンの普及で、ネット通販に関する同センターへのトラブル相談数は伸び続けており、昨年度は916件と前年度比で2割増えた。
体験ショップでは、健康食品や化粧品などトラブル相談が多い12品を用意。「初回100円」と大きく表示されたダイエットサプリを購入する操作を行うと、「よく見ると4回の定期購入が条件で、2回目からは9800円です」と説明文が表示される。支払代金の総額を分かりやすい場所に明示する必要がある、と定める特定商取引法などに照らして詳細に説明している。
「血糖値が高い方にお勧め」と宣伝する特定保健用食品のビールに関しても、「医薬品的な効果を暗示させ、法令上の問題がある」と警告している。
同センターのホームページからアクセスできる。
11月の公開後、若年層から「面白い試み」「勉強になる」と会員制交流サイト(SNS)上で話題に上っているといい、佐藤根正毅所長は「まずは仮想の被害に遭ってもらい、実際にだまされないように自身を鍛えてほしい」と話している。

 

このように話題になっているせいか、
ずっと書きのような状況だ

仕方なく「503 Error」の意味を調べてみたら、

 

503Errorとは

「サーバーへの同時アクセス数の制限を超えているため、訪問者の閲覧を制限している」という状態を指しています。
つまり、このメッセージが表示されている間は、訪問者は一時的にサイトが閲覧できません。

たとえば、もし、あなたがブログを運営しているのなら、そのブログの記事は表示されませんし、ネットショップを運営しているのであれば、商品のページも表示されません。
すなわち、あなたのビジネスチャンスが大きく失われている状態が「503エラー」なのです・・・!

実は今、503エラーが表示されるWebサイトが増えています。
なぜなら、今の時代、TwitterやFacebookなどを通し、ひとつのWebサイトに瞬間的にたくさんの人が見に来るようになったからです。
それはつまり、レンタルサーバーが想定している限界値を超えたアクセスが、いつ何時やって来るかわからないということです。

 

つまり、滋賀県消費生活センターが全く想定していなかったアクセス数が集中しているということなる。

そんな訳で、

こちらのメールアドレスにサーバーを増強するよう依頼をしました(笑)

恐らくお役所仕事で、今週一杯は仕事しないと思いますので、
また来週にでもやってみることにします。

 

★☆1/4 追記☆★

 

この通り、滋賀県の消費生活センターはすぐに返信を返してくれた。
対応が迅速で丁寧だと信頼できる。

私の中で滋賀県の評価が上がりました!

 

 

 

 

 

Start the discussion

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です